続 トラッキン昔話?
ダットサン:620/720/D21、そして トヨタ:ハイラックス
みなさん、出番ですヨ!

*
Truckin' Again
キーレスどころか、キーフリーだってある。中には純正リモスタも登場。
これなら、荷物を持っていても、夏でも、冬でもOK。ノープロブレム!
そして、今の世の中、あっちもこっちも、ハイブリッドだの、EVだのと、みんな同じ方向へ進んでいる。
ガソリン代も掛からず、便利で快適なエコカーと呼ばれるクルマ達が、どんどん増殖しています。
そんな時代なら、地球のためにやさしいと言われてるハイブリッドにも乗ってみるか・・・
6か月後
何か違う、何でかわからないけど、最近ドキドキしない、ハラハラしない。何故?
こんな自覚症状が出た方は、ビタミン カスタムが不足しています。
放っておくと クルマ無関心症候群が発症し、ハートの老化現象が進んでしまいます。
インターネットや、スマートフォンの端末になってしまう、クルマ達とは一旦お別れをして、
温かくて、親しみのあるキャラクターを持った、オールド ピックアップと一緒にトラッキン ライフ。
どこかのメーカーの社長ではないですが、
圧迫感の無い、ドライバー シートに座って、ガソリンの臭いと、エキゾースト ノートを楽しむ。

古いアルバムを引っ張り出して、懐かしいあの頃のあなたを見つけてください。
休日のツーリング、仲間とのトラッキン談義。カスタムカーに夢中だったあの頃。
でも、何か気になる事を思い出しませんか?
そう、あの頃、途中であきらめてしまったカスタム、やり残したこと、流れに負けたこと。
こんな ほろ苦い記憶。有りませんでしたか?
今なら、肩肘張らず、無理をせず、周りを気にすることなく、
そして、地球のためでなく、家族のためでなく、自分自身のために
もう一度、トラッキン!

Dec / 2011
*
昔は自由だった。そして古き良きニッサンの時代だった。
日本のトラッキンは720で始まり、720と共に進化し、D21に受け継がれて来たと
言っても過言ではないと思っています。
当時トラッキンと言えば、アメリカン フルサイズをイメージした「ステップ サイド」。
ベースは勿論「ダットラ」、ボンネット トラックと言えば
NISSANの時代でした。
特に、
720 KING CABの人気は高く、誰もがベース車探しに走り回ったものです。

当時は、とにかくトラッキンなるものの情報が少なく、ショップも限られていたため
カスタムされたトラックを見るチャンスなどなかなか有りません。
苦労して手に入れたUSマガジンを頼りにしながらの、手探りカスタマイズでした。
こんな時代だったからこそ、当然 誰かが決めた“ルール”や “セオリー”などに
縛られる事も無く、どれも自由で個性派揃いでした。
でも、これがアメリカで生まれたクルマをカスタムする文化。TRUCKIN'です。
*言い方を変えれば、とにかく皆んな好き勝手にカスタムしていたという事?。

その後、フリートサイドが登場。スタイリッシュなスタイルが受け入れられたのか
一気にトラッキンの主流となりましたが、
NISSANの時代は暫く続く事になります。
ステップ サイドは、古き良きアメリカを象徴する伝統的な
スタイルです。個人的な意見ですが、ハーレーダビッドソンが
馬で、トラックは幌馬車。
そして この二つの乗り物は、アメリカ人にとって大西部開拓時代
からの、大事な相棒みたいな存在なのではないでしょうか。

日本のステップ サイドは、デイトナ商会やボルト&ナットから、
スティール製ボックスと、FRP製リアフェンダーが組合わされた
KITで販売されていました。

【BEDスタイルの呼称】
CHEVY: STEP SIDE/FLEET SIDE
FORD: FLARE SIDE/STYLE SIDE
DODGE: UTI LINE/SWEPT LINE
  と呼ばれていたように思います。
*
「第1世代」のブームから15年。
あんなにたくさんいたNISSANは、どこへ行ってしまったのでしょうか?
『最近、
TOYOTAばっかり目立っている。』
こんな不満をお持ちの
NISSAN派も多い事でしょう。
某雑誌の編集の方によれば『SHOW会場の中も外も、
TOYOTAが多いんです』
『・・・・・・・・』
記事になる確立はやはり「数」に比例する。と言うのは理解できるけど、
なぜ
TOYOTAが人気なのか?。パッセンジャーみたいなスタイルが良いのかな?
良く分らないけど、ガンバレNISSAN!
元々ノーマルじゃ“格好わるいトラック”を、いかに COOLに
決めるか。これがトラッキンのテーマでした。
これは、昔のトラックのカタチにはカスタムする“余地”が
残されていた事を意味します。
でも最近のスタイルはデザイナーがデザインし過ぎているのか、
完成度が高いのか良く分りませんが、
カスタマイズが難しい時代になりつつあります。
*
どうする?? NISSAN党の諸君
ついにD22の国内販売が中止されました。市場の絶対量が不足すれば、
コンディションの良いユーズド ベースを探すのも大変でしょう。
やっと見つけた
D22も、FRONTIREにするためには相当コストが掛かります。
なにせ
FRONTIREは北米生産車のため、US部品を買うにしても720D21
ように国内で買えません。
全て輸入に頼る以外に購入方法が無いため、
USベッドは当時の720 / D21
比べて
1.5倍くらいになっています。

だからと言って、このまま
TOYOTAの増殖を指をくわえて見ているのですか?
NISSAN派の諸君、反撃を開始する時です。ガンバレ!NISSAN!!
720の時代から、FULL USにするためには交換部品が
多くて苦労するのが
NISSAN
これも日産の設計思想かもしれません。?

『何で北米仕様だけを格好よくするんダ!』
でも惚れた弱みというか、『仕方が無い』と
諦めるしかないのです
“LOOK”と、“REAL”
苦労して作ってもLOOK!。残念ですが“REAL”ではありません。

その昔、720/D21も同じでした。トラッキンの主流と言えば、何といっても
フリートサイドのCAL LOOK
! でした。
ユーズド
720に、『USベッド/USグリル/USバンパー/USミラーに変えてと。』
『おっとランプも変えなくちゃ!』そして出来上がった“CAL LOOK”
D21はもっと大変、フード/フェンダーまで変えなくてはなりません。

こんな苦労して
CAL LOOKにする位なら、いっそロサンゼルスから持って
来ちゃえ!。少々乱暴でしたが、こんな理由で
PICK UP'Sは、1987年から
【逆輸入車】の取扱いを始めました。
北米仕様ならZ24だし、オートマだって選べるし、ハンドルだって左に有る。
何と言っても“LOOK
ではありません“REALです。
『左ハンドルがどうした。』と言われると確かにその通り。
でも 実際に左ハンドルを握ると、何でだか分らないけど
フロント ウィンドゥから見える景色が変わるんです。
ロサンゼルスを感じるんです。不思議。
左ハンドルに乗り換えたばっかりの時は、ウィンカーとワイパーを
間違えるんです。
チョット恥ずかしい・・

でも これが最終目標ではありません。
トラッキンの“道”は、ここから始まります。
*最初の
720 K/Cは、Z24でなくL20Bでした。
*
2400cc/TWIN-CAM/143HP。これでは不十分ですか?
最近のトラッキンは、エアサス/コイルオーバー/エンジン換装と、益々過激さが加速
しています。外見だけでなくドライバビリティも追及した、“走り”のSPORT TRUCKが
たくさんデビューしています。でも予算的に誰もができるカスタマイズではありません。
SRに拘らないなら、2400cc:TWIN-CAM/143HPで十分ではないでしょうか?
エンジンいじったら、足やブレーキだって対策が必要になります。
パワーだけ有っても、それはSPORT TRUCKではないでしょう・・・?
・個人的には,
REGULAR CAB / 5spdに乗って欲しいけど、ご希望に応じ、できる限り
 日本につれて来ます。
KING CABは、REGULAR CABより、台数が多いので探すのはラクです。
・個人的にはレギュラー キャブが好きです。
 頭の後ろはリアガラス、これがトラックと 思っています。
 エクステンディッドは、
620:KING CABRN56 X-tra CAB迄かな。
 トラックにユーティリティは求めない。
 この思いきりが大事だと思いますが?
 でもイザこの手のベースを探すとなると かなり大変でしょうが・・・
*
REAL US NORTH AMERICA をドライブする!という選択。もう一度検討してみませんか。
北米仕様/USDMとイロイロな呼び方はありますが、日本仕様のベース車に
北米純正パーツを組んでも、それは“メイク アップ”。
決して“カスタマイズ”ではありません。
ゆっくり時間を掛けて、長〜〜く楽しむのがトラッキン。
過激な流れは追わず、あせらず、無理をしない。
自分のペースでカスタムを続ける。これがトラッキン。だから楽しい!
そのためには、先ず「ベース」選びが基本です。後になって後悔しないために
NORTH AMERICA」も、選択肢の一つとして検討してみて下さい。
トラッキンは、ライフ スタイルです。
自分を主張する一つの手段です。
周囲が何と言おうが、“
KEEP ON TRUCKIN'”
そして、COOLなナイスミドルになる。
*
ミニトラックは全車【排気ガス試験】が義務付けられています。
ピックアップスでは、720 / D21を始め、トヨタ/マツダ/シボレーなども
【排気ガス試験】を受けています。従って、Nox対象地域でもOKです。
Back to The Old School

Truckin' Again ?
ダットサン: 520|620|720|D21

アメリカ ユーズドカー情報: ダットサン

************************************************************* ***********************************************
1st: 2005/11/20
2nd: 2011/12/10:レイアウト/一部 更新
*







車名・車種別 パーツカタログ
ピックアップ トラック
*

ダットサン 620は、こちらをご覧ください。

ダットサン 720は、こちらをご覧ください。
*

ニッサン D21は、こちらをご覧ください。

ニッサン (フロンティア)は、こちらをご覧ください。
*

ニッサン タイタンは、こちらをご覧ください。
*

トヨタ ハイラックス #50は、こちらをご覧ください。

トヨタ ハイラックス #80は、こちらをご覧ください。
*

トヨタ(タコマ) は、こちらをご覧ください。

トヨタ タンドラは、こちらをご覧ください。
*

絶版車・生産終了車・旧車・オールドカー: 純正パーツ|レストアパーツ|カスタムパーツ

こちらをご参照ください。



エア-ドライブのトップページに戻る

********************************************** **********************************************







ロサンゼルスのカーショウにエントリー
していた“SHOW CAR”もご覧下さい。


PICKUP'S TRUCKIN' ページへジャンプ!!
US MAGAZINEへもジャンプできます。
**********************************************************



 その他の輸入カスタムパーツ 

■ クロームカラー ステンレス ラグジュアリー カスタムパーツ 【QAA-USA 総合カタログ】はこちらです。

エレガント / ラグジュアリー / ゴージャス カスタムパーツ
ウィンドゥ トリム パック ・ サイド モールディング ・ ドア モール ・ ロッカーパネル ・ サイド アクセント ・ バンパーカバー


アメリカ最大のカスタム グリルのトップメーカー 【E&Gクラシックス グリル 総合カタログはこちらです。

ファイン メッシュ グリル・ヘビー メッシュ グリル・ブラックアイス(ブラック メッシュ)・3D-Z グリル・ビレット グリル・バーティカル グリル・クラシック グリル
キャデラック | シボレー | GMC | ハマー | フォード | リンカーン | クライスラー | ダッジ | トヨタ | レクサス | ニッサン | インフィニティ | ホンダ


ライバルへ強いインパクトを与える、斬新なデザインが好評の目立つカスタム ライト 【ANZO-USA 総合カタログ】はこちらです。

LEDテールライト・ユーロ テールライト・ヘッドライト: FMVSS・DOT等アメリカの公的基準を満たした高性能ライトです。


リフトアップ サス・ローダウン サス 【サスペンション パーツ 総合カタログ】はこちらです。

ボルトオン/イージーインストール:リフトアップ スペーサー|リフトアップ スプリング|ドロップ スピンドル|ローダウン スプリング
主な取扱ブランド=レディリフト・デイスター・ベルテック・ラフカントリー・グランドフォース・マグワイヤー


リフトアップ エアサス・ヘルパー エアサス・車高調エアサス 【エア サスペンション 総合カタログ】はこちらです。

ボルトオン/イージーインストール:車種別専用キット:トヨタ|シボレー|GMC|ダッジ|フォード
補修用エアサス パーツ:エアバッグ|エアスプリング|コンプレッサー|プレッシャースイッチ|電磁バルブ



パフォーマンス エキゾースト(マフラー) システム・チップ 【コルサ | ボーラ | ギブソン 総合カタログ】はこちらです。
 
主な取扱ブランド=GIBSON・BORLA・CORSA:サビの心配のないステンレス製や、リーズナブルな、スチール製アルミナイズ仕上げまで


ステンレス製ポリッシュ仕様・クローム メッキ仕様・ブラック パウダーコート仕様 【サイドステップ 総合カタログ】はこちらです。

トゥーイング パーツや、ヒッチ レシーバーも予定しています。
主な取扱ブランド=WESTIN(ウェスティン)|DeeZee|ARIES(アリエス)


ビレット アルミホイール ・クローム アルミホイール ・ ワイヤーホイール 【カスタムホイール 総合カタログ】はこちらです。

主な取扱ブランド=イントロ(INTRO) | バドニックBUDNIK) | ボイド カディントン(BOYDS) | アシャンティ(ASANTI) | デイトン(DAYTON)


ポータブル電源(交流電源)、バックアップ AGM バッテリー・DC-AC インバータ、自動車用インバータ

オートキャンプ、車中泊、フィッシング、マリーン、長距離トラック:家電製品用電源、被災時の停電対策用バックアップ電源
12ボルト電源:温/冷蔵庫・ヒーター(暖房)・クーラー・エアコン(暖房)・キャンピング カー用品



カーセキュリティ・カーアラーム 【バイパー/VIPER 総合カタログ】は、こちらからどうぞ。

自動車盗難・部品盗難・車上荒らし。他人事? 油断は禁物

ベースユニットをご購入頂いたお客様への限定サポートです。
「車種別 配線資料:北米仕様」についてはお問い合わせください。(有料)




お問い合わせはこちらからお願い致します。



ピックアップス

【その他のリンク先】
HOME:ピックアップスの総合トップページ
■■ カスタム グリル(クラシック・メッシュ・ビレット):E&Gクラシックス  ■■ クローム メッキ パーツ(サイドモール・ウィンドゥ):QAA
■■ サスペンション パーツ:リフトアップ サス・ローダウン サス:レディリフト/ラフ カントリー/デイスター   ハマー H2/H3 サスペンション パーツ
■■ ファイヤーストーン エアサス 車種別キット:ライド-ライト  ■■ エアサス パーツ:エアバッグ(エアスプリング)・コンプレッサー・電磁バルブ
■■ ハマー H2 カスタム パーツ:リアルホイールズUSA  ■■ ハマー H3 カスタムパーツ:リアルホイールズUSA
エキゾースト(マフラー)システム/チップ/ステンレス:ギブソン/GIBSON・ボーラ/BORLA・コルサ/CORSA
ヘッドランプ/ユーロ テールランプ・LEDテールライト 
サイド ステップ・サイドバー・ランニングボード:ウェスティン/DeeZee
ビレット ホイール:ボイド カディントン  ◆ ビレット ホイール:バドニック  ◆ ビレット ホイール:イントロ 
クローム ラフジュアリー ホイール:アシャンティ  ◆ クラシック ワイヤーホイール:デイトン
在庫パーツ・US純正パーツ:720/D21/ハイラックス/カーオーディオ 
 ● 1960-1964 インパラ パーツ
カー セキュリティー/リモートスタート バイパー:VIPER USA  ◆ クルマの個人輸入講座:【実践編】ロサンゼルス現地価格 最新情報
キャンピング カー・オートキャンピング・アウトドア・フィッシング・マリーン  防災用品・緊急電源:地震・津波・震災・節電・停電















【アメリカ直輸入パーツ:取扱い車種リスト】
キャデラック: エスカレード/EXT/ESV カスタム・ドゥビル カスタム・SRX カスタム・CTS カスタム・CTS スポーツワゴン・セビル カスタム・
キャデラック: エルドラド カスタム・XLR カスタム・DTS カスタム・STS カスタム・ブロアム カスタム・デレガンス カスタム・コンコース カスタム。
シボレー: C1500 カスタム・K1500 カスタム・シルバラード カスタム・サバーバン カスタム・タホ カスタム・アバランチ カスタム。
シボレー: トレイルブレーザー カスタム・アストロ カスタム・コルベット カスタム・カマロ カスタム・インパラ カスタム。
GMC: シエラ カスタム・ユーコン カスタム・デナリ カスタム・エンボイ カスタム・サファリ カスタム。
ビュイック: リーガル カスタム・ロードマスター カスタム・ラクロス カスタム・パークアヴェニュー カスタム・ルセーブル カスタム。
ハマー: ハマー H2 カスタム・ハマー H2 SUT カスタム・ハマー H3 カスタム・ハマー H3T カスタム・ハマー H1 カスタム。
フォード: F-150 カスタム・エクスプローラー カスタム・エクスペディション カスタム・フュージョン カスタム・フレックス カスタム。
フォード: マスタング カスタム・サンダーバード カスタム・エッジ カスタム。
リンカーン: ナビゲーター カスタム・LS カスタム・タウンカー カスタム・ゼファー カスタム・MKS カスタム・MKZ カスタム・MKX カスタム・MKTカスタム。
クライスラー: 300C カスタム・PTクルーザー カスタム・300M カスタム・コンコルド カスタム。
ダッジ: ラム ピックアップ カスタム・ナイトロ カスタム・キャリバー カスタム・デュランゴ カスタム・キャラバン カスタム・ジャーニー カスタム。
ダッジ: マグナム カスタム・チャージャー カスタム・チャレンジャー カスタム。
ジープ: ラングラー カスタム・CJ カスタム・YJ カスタム・TJ カスタム・JK カスタム・グランドチェロキー カスタム・コマンダー カスタム。
トヨタ: ハリアー カスタム・タンドラ カスタム・FJクルーザー カスタム・4ランナー(サーフ USカスタム)) カスタム・ランドクルーザー カスタム・
トヨタ: タコマ カスタム・ハイラックス カスタム・bB カスタム(US XBカスタム)・アルテッツァ カスタム。
トヨタ: ハイランダー(クルーガー USカスタム) カスタム・カローラ USカスタム・カムリ USカスタム・プリウス USカスタム・セコイア カスタム・
レクサス: RX330/RX350 カスタム・LX470 カスタム・GX470 カスタム(プラド USカスタム)・ES350 カスタム・IS250 カスタム・IS350 カスタム。
ニッサン: ムラーノ カスタム・タイタン カスタム・フロンティア カスタム(D22 USカスタム)・エクステラ カスタム(エクストレイル USカスタム)・。
ニッサン: 350Z カスタム・マキシマ カスタム・アルティマ カスタム・パスファインダー カスタム(テラノ US カスタム)・アルマーダ カスタム。
インフィニティ: M35 カスタム(フーガ USカスタム)・M45 カスタム(フーガ USカスタム)・G35 カスタム(スカイライン USカスタム)・
インフィニティ: G37 カスタム(スカイライン クーペ USカスタム)・J30 カスタム(マキシマ USカスタム)・I30 カスタム(セフィーロ USカスタム)。
インフィニティ: FX35 カスタム・FX50 カスタム・QX56 カスタム・EX35 カスタム(スカイライン クロスオーバー USカスタム)。
ホンダ: アコード USカスタム・シビック USカスタム・フィット USカスタム・エレメント USカスタム・インスパイアー USカスタム。
アキュラ: CL カスタム(レジェンド クーペ USカスタム)・RL カスタム(レジェンド USカスタム)・TL カスタム(ビガー/セイバー USカスタム)。
マツダ: MAZDA 3 カスタム(アクセラ USカスタム)・MAZDA 6 カスタム(アテンザ USカスタム)・CX-7カスタム・CX-9カスタム。
フォルクスワーゲン: ジェッタ カスタム・パサート カスタム・トゥアレグ カスタム・ティグアン カスタム。
メルセデス ベンツ: C クラス カスタム・S クラス カスタム・ML クラス カスタム・R クラス カスタム。
BMW: 3 シリーズ カスタム・5 シリーズ カスタム・7 シリーズ カスタム・X シリーズ カスタム。
ジャグアー: S タイプ カスタム・X タイプ カスタム・XJ カスタム。
ランドローバー:レンジローバー カスタム・レンジローバー スポーツ カスタム・レンジローバー HSE カスタム。
アウディ:A4 カスタム・A6 カスタム・Q7 カスタム。

Direct Import from U.S.A.

高級/高品質 カスタムパーツの輸入・販売を行っています。
ご紹介するカスタム パーツは、どれもアメリカで評価の高いブランドです。


カスタム グリル : メッシュ グリル・ブラック メッシュ グリル・クラシック グリル・バーティカル グリル・ビレット グリル。
E&G Classics E&G クラシック グリル: ご存知 カスタム グリルのトップ ブランドです。
T-REX ティーレックス カスタムグリル: アメリカン ピックアップ・SUVだけでなく、レクサスやインフィニティ等のカスタム グリルも充実しています。
ASANTI Body Stylingアシャンティ ボディ スタイリング : 超高級ショーカー グレードのカスタム グリルです。

クローム カラー ステンレス カスタムパーツ: エクステリア パーツ
QAA-USA ステンレス・クローム カスタムパーツの最大手メーカーです。
REALWHEELSリアルホイールズ: ハマー・アメリカンSUVなどの高級ステンレス パーツのトップメーカーです。

カスタム ホイール
INTROイントロ カスタム ホイールビレット アルミホイール・カスタム ホイール・USホイール。
BUDNIK バドニック ホイールビレット アルミホイール・カスタムホイール・USホイール。
BOYD CODDINGTON: ボイド カディントン ホイール ビレット アルミホイール・カスタム ホイール・USホイール。
ASANTIアシャンティ ホイールラグジュアリー クロームホイールと、最高級ボディ スタイリング キットのメーカーです。(LEXANI Wheels)
DAYTONデイトン : アメリカ製高級ワイヤーホイールのトップ ブランドです。

エア サスペンション パーツ
Firestone Industrial Products
ファイヤーストーン:エアサス(エア スプリング)の最大手メーカーです。
CONTI TECHコンチテック:コンチネンタル タイヤが製作するエア スプリングのブランドです。
Air-Ride エア ライド : 最も信頼されているアメリカでNo1のエアサス パーツ メーカーです。
Air-Liftエア リフト: 地味ですが、歴史の有るエアサス専門メーカーです。
Thomas Industries トーマス インダストリーズ: 世界最大級のエア コンプレッサー メーカーです。

サスペンション パーツ: ロワード/ローダウン サスペンション・リフト-アップ サスペンション、ハイリフト。
BELL-TECHベルテック: メーカー純正クラスの品質で定評のある、ロワーリング(ローダウン) パーツ メーカーです。
TRUXXXトラックス: 素材・製作方法にこだわった、高級リフトアップ サスペンション パーツ メーカーです。
DAYSTARデイスター: 高い耐久性を持つポリウレタン製サスペンション パーツで有名なメーカーです。
Suspension MAXXサスペンション マックス: ダウン&アップが可能なアジャスタブル キーのメーカーです。(特許申請済)
McGaughysマクガイヤー: ハマー、ダッジなどのローダウン サスペンション パーツのメーカーです。
Ground Forceグランドフォース: 高級ローダウン サスペンション パーツのメーカーです。
ROUGH COUNTRY : ラフ カントリー: トヨタ・ニッサン・シボレー・ダッジ・フォード等、フルサイズ トラックのリフトアップ サスのメーカーです。
READY LIFTレディ リフト: ワークス チームを持ち、レース活動からのデータを元に、リフトアップ製品の開発を行っています。

サイド ステップ・サイドバー・ラニング ボード。
Dee Zeeディージー: リーズナブルなステンレス製サイドステップや、ブッシュガードなどを製作しているメーカーです。
WESTINウエスティン: 高級サイドステップで定評の、トップブランドです。
ARIESエリエス: サイドステップなどステンレス パーツのメーカーです。

パフォーマンス エキゾースト システム・マフラー・チップ
BORLA Performance ボーラ パフォーマンス エキゾースト:ステンレス エキゾースト(マフラー)で有名な高級ブランドです。
GIBSON Performance Exhaustギブソン パフォーマンス エキゾースト:スタイルが豊富で、手頃な価格の製品も製作している評価の高い、マフラーメーカーです。
CORSA Performanceコルサ パーフォーマンス エキゾースト:GM・キャデラック等の認定品も製作する、純正クラスのエキゾースト(マフラー) システム メーカーです。

インテリア カスタムパーツ:ウッド ダッシュ パネル・カーボン ダッシュ パネル。
Benevento (AutoMax) ベネベント:OEM供給もしている、ウッド パネル メーカーです。

いくつかのパーツが組み合わされた複合パーツの中には、メーカー オリジナル以外のパーツが含まれることがあります。

*殆どの製品は“ボルト オン”のイージー インストール タイプです。
*日本では一部の方にしか知られていない、本格的なカスタム パーツです。
*この機会に、ライバルに負けない本格的なカスタマイズをお楽しみ下さい。


アメリカからの輸入品のため、ホイールを除いて約2週間の納期を戴いております。ご了承下さい。
  掲載商品以外にご希望のカスタム パーツがございましたら、メールでお問い合わせ下さい。
Pickup's / SilverStone Co




ALL-TOP